儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2015年7月21日火曜日

儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書

おはようございます。
連休は暑かったのですね。気のせいか今年はセミの鳴き声が少ないような気がします。気がつけば小学校は夏休み。時が過ぎるのが早く感じます。

あっという間に子供も大きくなりますが、仕事もどんどん変化していきます。このブログも8月で5年目。新しいことにチャレンジしていこうと思います。こんなことを書きながら・・・どうしてもネタが浮かびません。だから今日は以前読んだ本を紹介したいと思います。



儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書


タイトル:儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書
著者:川上昌直
発売日:2013/2/20
ジャンル:会社経営
ISBN-10:4761268956
ISBN-13:978-4761268954


9つの質問でビジネスモデルを構築

人を驚かすほどの良い商品を開発すれば本当に儲かるのでしょうか?それだけが唯一の方法でしょうか?品質にこだわり頑張って改善を続けているのになぜか儲からない・・・それはビジネスの型を知らないからかもしれません。そのヒントを見つけたくて読んだ本です。

しかし、儲けの仕組みをつくるにはやることがいっぱいあります。どこから手をつけったらいいのか?抜けは本当にないのか?お手上げ状態になってしまいそうです。それをたった9つの質問で解決してしまうのが本書の魅力です。

9つの質問は3×3のマトリクスにまとめられ、そのマスを埋めていくことで儲ける仕組みを考えていくのです。事例を使ってマスを埋めていくので理解が進みます。難解に感じるビジネスがこのフレームワークを使うとシンプルにまとめられ、どこに課題があるのか?どう変えればいいのか?ビジネスモデルを作り直す強力なツールになります。

この記事もおすすめ
強みを生かすはメーカー目線
営業プロセスを顧客視点に変換する方法
問題点の指摘ばかりするコンサルは二流かも