製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2019年2月22日金曜日

だから、忙しいのかも・・・

おはようございます。
今日はプレミアムフライデー。世間では忘れかかっているかもしれませんが、しっかり早めに上がってリフレッシュする良い時間が持てています。3時上がりにするためしっかり段取りを組むいいトレーニングになっています。個人的にはありがたい制度です。


忙しい時に整理整頓なんかできるか!が問題

どんなに忙しくても関係ありません。忙しくならないように時短や効率化・しくみ化を進めています。そのための鉄板は”整理整頓”。やはり普遍的なノウハウは役に立ちます。「忙しい時に整理整頓なんかできるか!」という突っ込みが聞こえてきそうですが・・・それが忙しさを招く原因。「準備」⇒「実行」⇒「後片づけ」ができていないのだと思います。忙しいのに整理整頓なんてできるか!というのは完全に対処療法。その場しのぎを続けることになり永遠に忙しさから解放されないのでは?と思えてなりません。どうしても時間がない時は仕方ないけど、落ち着いたときにしっかり整理整頓して根治療法を目指してみることが大切ではないでしょうか。極端な話、机の上をふくだけだっていいのです。ごみをひとつごみ箱に入れるだけでもいいのです。まず一つ行動してみることが大切。

大切なのは情報の整理整頓と振り返り

「後片づけ」はモノを片付けるだけではありません。準備から実行までのプロセスを振り返り、次はどうするか?頭の中を整理することのほうが大事。忙しさに負けて、頭の中の整理をすっ飛ばし、次に行くと混乱が拡大するし、改善のチャンスを捨ててしまうことになります。どんなに忙しくても省略してはいけないこと。やりっぱなしで次に行くことで徐々にモノだけでなく、情報も散らかっていく、そして頭の中が散らかっていく。それが判断を遅らせたり、間違えさせたりする原因にもなるので注意が必要です。メールや情報の整理もとても大切。「検索で探せる」のでいい加減になりがちでしたが、きれいに整理することで頭の中も整理されスッキリします。だから、フォルダやメールの整理もモノの整理整頓と同じく重視しています。そして、整理整頓のコツは不要な情報や物を受け取らないこと。特にメールは厳しく管理しないとメールマガジンや営業メールなどが増えるのでそうしたものが来たらすぐに登録解除しています。基本メールボックスは面識のある人からのものと引き合いだけにしたいのです。情報があふれている環境ではむしろ適切に情報をシャットアウトしたほうが効率が上がると思っています。考えなしに情報を受け取りすぎると混乱し動けなくなる。だから、特にメールは意図的にコントロールしています。取捨選択こそが戦略なんだと思います。

この記事もおすすめ
忙しさに流されたらその日暮らしの始まり
一生懸命は要注意
思い立ったら吉日
2019年2月20日水曜日

これから先も今の顧客だけで食べていけるのか?

おはようございます。
今日はホテルレストランショーに行きます。展示会は各社の動向を肌で感じることのできる貴重な機会です。良い情報をつかもうと思います。生産財業界ではありませんが、新しい市場を開拓できないか?アンテナを張っています。


新規開拓は避けられがち
常に新しい顧客開拓・創造できないか?知恵を絞っています。上手くいかないことのほうが多いですが・・・(笑)。そうしたヒントをつかむには行動が一番。どんなに頑張っても永遠に続く取引はありません。だから常に新しい顧客を開拓しなければ先はありません。しかし、既存顧客による売り上げ・利益のおかげで食べていけているのです。そして、業績・成績は新規か既存かは関係ありません。だから、新規開拓は避けられがち(軽視されがち)。常に重要性を説き続けなくてはなりません。新規開拓をすることでようやく顧客が入れ替わっていきます。そして、新規開拓は失敗の連続だということを忘れてはなりません。多くチャレンジして、たまにヒットが出る。既存顧客からの注文とは違うのです。

誰かがやらなければならないもの
新規開拓を避ける理由は「忙しくて時間が取れない」「既存顧客を優先すべき」「費用対効果が悪い」など・・・簡単に作ることができます。そして、その理由は正しかったりします。しかし、これから先も、今の顧客だけで食べていけるのか?現実を直視すれば新規開拓は避けられないのです。きつくても、効率が悪くても、見込みが見えなくても、取り組まなければならないもの。でも・・・直近、数か月では影響は軽微で、効果は未知数。だから、後回しという会社が製造業では非常に多いように思います。そもそも営業が苦手な会社が多く、営業部がない会社だってゴロゴロあるからある意味仕方がない面もあります。しかし、過去の資産を食いつぶしてどのくらい会社が持つか?真剣に考えて欲しいと思います。新規開拓は確率の低い仕事。お金もかかります。精神的にもしんどい仕事。でも、1日も早く始める必要があります。新規開拓なしに会社に将来はありません。

この記事もおすすめ
Webサイトだけ変えても意味がない
Webコンサルティングに不可欠な販売データ
売れない理由を免罪符にしない
2019年2月18日月曜日

要はバランス

おはよございます。
今週も楽しみなミーティングあります。多くの人が参加するミーティング。だからそれ以上の価値を生み出さなければ意味がありません。その責任を参加者全員が負っている。しっかり責任を果たそうと思います。


だから事前準備にこだわっています。ミーティング時間よりも準備に時間をかけています。良く考えれば当たり前のこと。受験だって、スポーツだって本番よりも準備のほうが圧倒的に長いもの。当然、仕事だってそう。経験値でその場を何とかしのげる?なんて考えたくないのです。たまたま上手くいったとしても、それ以上に失うものが多いと考えています。アポイントと訪問準備のバランスが本当に大切。準備の質を落とさないよう調整するのが課題だったりします。そして、仕事を減らし継続可能なバランスを維持する。準備にばかり時間をかけ訪問件数が確保できないなんて本末転倒。アポイントをつめすぎて準備が疎かになるなんてのも無駄が多い。ベストのバランスを見つけ維持できると充実した仕事につながります。企画書や提案書づくりに逃げるのもNG。無計画に飛び回り量に逃げても成果は出ません。結果を出すためにプロセスにこだわる。質と量のベストバランスを見つけ実践・検証し、微調整を続けることが不可欠。売上ではなく利益にこだわり自分が費やした時間に対する採算を意識する。顧客満足≒営業価値≒利益のバランスをとることを常に忘れない。適正利潤ですね。安売りも・儲け過ぎも良くないのです。なんだか長ったらしくわかりにくい話になりました。シンプルに”三方良し”でいいのだと思います。

この記事もおすすめ
一生懸命だから停滞する
二重らせんのニーズ
時間が足りないのはバランスが取れてないから?

このブログを検索