製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2018年8月10日金曜日

業務プロセスの見直しでサイト運営を効率化

おはようございます。
ブログのレイアウトを微調整しました。少し気になったことがあったので試してみたかったのです。そして、1年くらいデータを溜めて検証し次に進みます。こうした気の長くなるような小さな改善に時間をかけることは実践では許されません。だから、ちょっとした改善効果はこのブログなどの過去のデータで判断しクライアントへ提供するときは次から次へ改善をすることを優先しています。


後回しにされがちだった小さな改善

あるクライアントのサイト運営支援をはじめ3か月が経過しました。それまではコンサルティングのみ行いサイト改善の実務は制作会社さんに依頼していたのです。お金にならないような小さな改善を頻繁に依頼するのがクライアントと制作会社の負担になることが多く、他の業務を優先されがちだったので、制作業務を引き継ぎ、即座に修正できる体制に移行したのです。一つ一つの改善は本当に小さなことが多く地味。それを自分からクライアント、そして、制作会社さんに依頼する、そして確認作業が同じルートで戻ってくる・・・。制作会社さんにとってはあまりお金にならない。本当良くない状況だったのです。そしてなによりもサイト運営にスピード感がないことが最大の問題点でした。ちょっとした修正に1週間以上かかるなんてことも・・・。

気が付いたら即座に改善できる体制に

そこで小さな改善はすべて事後報告で済ませるようにしました。それからどんな小さなことでも気が付いたら即座に改善。最新状態を維持し新しいコンテンツを追加するといった基本の徹底がスピーディーにできるようになったのです。ユーザーのための改善の積み重ねです。結果として3か月で検索順位に良い影響が出始めています。ビックキーワードで初めて1ページ目にランクイン。かけ合わせキーワードもおおむね順位を上げたことにより流入数が対前年度比で40%を超え始めました(それまでも成長していましたが20%くらいだったのです)。まだまだ改善したいことは多くあるのです。年内中に気になる点はすべて直します。そのうえでクライアントにはコンテンツ作りに専念してもらう。より価値の高い仕事に時間を使ってもらいたいのです。

繁雑な業務連絡を減らす

連絡業務の負担が多すぎたのです。誰も得しない繁雑な連絡、お金にならない小さな仕事。三方良しが理想なのに・・・これでは三方悪しです。ご担当者は社内外の連絡のハブになっていたのでそれだけで多くの時間が割かれている状態。マーケティング業務一つとっても最悪の場合、クライアント→広告代理店→制作会社→メディアと伝言ゲームのように多くの会社を通さなければ仕事ができなかったのです。サイト運営はそれでなくとも骨の折れる仕事。その負担を少しでも減らすことが前向きな取り組みを後押しする。そうした地味な取り組みで大きな成果をつかむことができそうです。

この記事もおすすめ
真剣にラクする
サイトも5s活動して欲しい
制作プロセスの標準化に取り組んでいます
2018年8月8日水曜日

アクセス解析にABC分析使ってますか?

おはようございます。
ABC分析。営業をしたことのある人ならば一度は聞いたことがあると思います。でも、ABC分析ってもともと在庫管理や商品管理に使っていた手法。それを顧客管理に応用し営業に役立てていただけなんです。



ABC分析
ABC分析 (エイビーシーぶんせき)とは「重点分析」とも呼ばれ在庫管理などで原材料、製品(商品)等の管理に使われる手法である。 在庫の資産としての価値などの評価(重要度)別に段階的な管理手順を適用する。 この手法は品質管理におけるパレート分析に類似している。 (Wikipediaより引用)

シンプルだから応用が簡単

本当に簡単なんです。だから応用も効く。営業の時は顧客管理にABC分析を使っていました。分析結果をもとにアフターフォローの計画を立てるのが常でした。そうしないと会いやすい顧客への訪問に偏りがちになるのです。予算の伸びしろが大きいけど、入り込めてない顧客やたくさん注文をいただいている顧客を重点的にフォローするためにABC分析は不可欠でした。そして、今のアクセス解析でもABC分析を使っています。無意識のうちに使っているのです。製品ページのPV分析は典型的なABC分析。肝は製品ページのABC分析と実際の製品の売り上げや目標と突き合わせることです。そのギャップをクライアントと共有しWeb運用の方針を決めていく。クライアントが意識しなくても商品戦略を考えるきっかけになります。またエリア分析も鉄板。アクセスエリアの分布と実際の売り上げデータの比較、市場規模と比較することでエリア戦略を考えるきっかけになる。

知ってるだけじゃしょうがない

「ABC分析なら知ってる」ではしょうがないんです。使いこなすことが大切。そして意識すべきはどのくらいのレベルで使いこなせているか?自問自答すること。CV分析、ページ分析、エリア分析、集客分析にも使う。さらには顧客管理にも使うし、商品管理にも使う。経費管理にも使えるし、そして、本来の在庫管理にも使う。知恵を絞ればもっと応用できるでしょう。応用ができはじめてスキルが身についたといえるのだと思います。意識せずに使い倒してこそ本物なのかもしれません。最先端の技法もいいけど、昔からある定番の手法を使いこなすことも大切。アクセス解析にABC分析使ってますか?そして、顧客管理や商品管理のABC分析とのギャップからWeb運用方針のヒントをつかんでいますか?ABC分析知ってるだけではもったいないです。使い倒しましょう。

この記事もおすすめ
アクセス解析で伸びるタイプって?
ユーザーに支持されるサイトの条件
動く人にチャンスは来る

2018年8月6日月曜日

8年目を迎えました

おはようございます。
このブログも8年目を迎えました。気分一新しようと思います。最初のうちは休まず毎日更新からスタートし、今年からは月・水・金、週3回の更新と投稿を減らしました。今日が1837本目の投稿です。



習慣で差をつける

やみくもに本数を追い求めても意味ありませんが、日々感じたことを書いておくということはそれなりに意味があります。続けるということは習慣にすれば、傍からみるほど大変でもありません。しかし、習慣にするのはそれなりに難しい。今は新しい習慣を身につけるため奮闘中です。1年続け意識しないでできるようになったら次の習慣作りに取り組もうと思います。そう考えると習慣作りは気の長くなる時間を必要とします。自分は習慣作りの初心者なので複数の習慣を同時に身に着けることなどできません。欲張ったら必ず失敗するんです。そして、元に戻ってしまったらその時間は無駄になる。だから、急がず確実に身に着けることを優先しようと思います。そして何を習慣にするのか?ターゲットを慎重に決め、意識せずともできるようになるまで集中して取り組む。1年に一つの良い習慣を身に着ける。地味ですが、すごく良いことのように思います。5年後10年後に効いてくる取り組み。小手先でない取り組みである習慣作りで差をつけていこうと思います。

返信がなければ不安になる

習慣といえば最近とても気になることがあります。それはメールの返信がない人がいることです。忘れているのかもしれません。めんどくさいだけかもしれません。おそらく習慣になってないのでしょう。返信があることで相手は安心できます。なければ不安になります。遅ければ不満の種になります。結果として信頼を失う。メールに返信がないことで他人にどんな印象をあたえているのか?少し想像してみる。自分がされて嫌なことはしない。小さなことですが習慣って怖いなあと思います。返信を忘れがちな本人には悪気はないと思うのです。習慣にできてないだけ。他意はないのに周囲に誤解を与えている。素早い返信をする人とは気持ちよく仕事が進んでいく。この差は本当に大きいものとなります。こうしたことは本人が気づいてないことが多く、周りも小さいことだからと我慢しがち。忙しさに流されがちですが、じっくり振り返り襟を正そうと思います。

この記事もおすすめ
大切なことは習慣になるまで寄り添うこと
5年後どうなっているのか
平凡に勝る作戦なし

このブログを検索