素早く対応すべきもの。 じっくり腰を据えて動かないもの。 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年1月20日水曜日

素早く対応すべきもの。 じっくり腰を据えて動かないもの。

おはようございます。
時間をかけ溜めたデータを分析して改善すればおのずと成果はついてくる。

最近そんなことを実感しています。

じっくり腰を据えてデータをためることが大切。

熱心な人ほどあれこれ動き過ぎ、データの継続性を壊すことが多いように感じます。




素早く対応すべきもの。
じっくり腰を据えて動かないもの。

この見極めが大切だと強く感じています。

Web業界は変化が早くそれに気を取られると、
クライアントと歩調を合わせるのがおざなりになることがあります。

ビジネスの根幹がころころと変わることはありません。
だからバタバタせず大切な基本や肝は腰を据え実力をつけていく。
それと同時に変化にも対応できるようトレンドやテクノロジーにも興味を持つ。
その両立に気を配っています。

気になることをため込まないようにすぐ処理する。
長期的なスキルアップを忘れない。
そしてムダな動きを減らし、データの継続性が途切れないように注意する。

これからもこんなことに気配ろうと思います。

この記事もおすすめ
ハンマーを持つ人には、すべてが釘に見える
10年くらい続けて人並みになればいい
ムダに気づかずムダを繰り返すのが一番のムダ