展示会で3C観察 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年1月28日木曜日

展示会で3C観察

おはようございます。
今日はビックサイトにいって最新の技術動向を肌で感じて来ようと思います。インターネットのリサーチは効率が良く時間もかからず便利ですが、ある程度まで調べたら現物を見て直接説明を聞いて理解深める必要があります。顧客や市場をもっと知りたい。そのためにできることはすべてやり切りたいと思います。

展示会で3C観察


展示会の良さは「自社」「競合」「顧客」が一堂に集まること。そこで得られる肌感覚はとても重要です。自社ブースの運営も大切ですが、経営者や管理職は広い視野で会場全体を観察する必要があります。流行りのテーマやキーワードを観察する。人の多く集まるブースを観察する。ライバル企業のブースを観察する。そして毎年記録に残し時系列で比較する。マーケティングの強い企業は実践しています。展示会を活用するなら自社製品のPRだけにとどまらず、競合調査、市場調査も行い一石三鳥を狙いましょう。私はクライアントとは違った視点で競合チェックと来場者の観察をするのが役目です。そして今進めているサイトリニューアルやマーケティングプランに活かしていきます。展示会で「自社(クライアント)」「競合」「顧客(来場者)」の3Cを観察するのです。第3者の客観的な目を通した観察は価値があります。そして少しでもクライアントの良さを引き出したいと思います。

この記事もおすすめ
生産財業界の情報収集は展示会がおすすめ
展示会の目玉と営業フックを用意する
熱心すぎて逆効果。