勿体ない時間の使い方 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年2月15日月曜日

勿体ない時間の使い方

おはようございます。
昨日は冬とは思えない暖かさでしたね。今日は気温差が大きくなりそうなので注意しようと思います。こういう差しさわりのない話題から入っているときは大抵ネタがない時。何を書こうかまだ決まっていません。書いているうちにまあ何とかなるでしょう。こういう時は前の日のことを書けばいいのです。



土日はほとんど外に出ずゆっくり体を休めていました。昔は休みの日に仕事を持ち帰ることが多かったのですが、最近はほとんど家で仕事をすることはありません。それによってずいぶんリフレッシュできるようになりました。そのおかげで仕事の効率も上がる好循環を実感しています。でも昨日のように体を休めるだけなのは勿体ないことかもしれません。むしろ普段と違うことをしたほうがよりリフレッシュできます。だらだらと休日を過ごすと、かえって何をするのも億劫になったりするのです。あれこれ計画し楽しんだほうが気分転換になり仕事にもいい影響が出るように思います。

体を休めることも大切だけど、仕事と違うこと、できれば初めてのことを楽しむのが大切かなって思います。1年間の休日は大体120日。貴重な1/3近い時間だということを真剣に考えていませんでした。このところ仕事の効率ばかり考えていましたがものすごく勿体ないことをしていました。せっかくの休み、体を休めるばかりが能ではない。休みをもっと積極的に楽しむことにします。

この記事もおすすめ
小さな第一歩をすぐに踏み出す
ムダに気づかずムダを繰り返すのが一番のムダ
失敗を手掛かりにチャレンジを重ねる