自分が変われば課題も変わる | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年2月16日火曜日

自分が変われば課題も変わる

おはようございます。
今日は冬らしい寒さに戻りましたね。
この時期は少し寒いくらいがちょうどよく感じます。

このところずっと仕事のスピードアップを意識してきました。
そのおかげでずいぶんスピードが上がってきたのです。

しかし?
そのおかげで新たな問題が出てきました。



始めのうちは早くなればなるだけ効果を実感できました。
しかし、あるレベルを超えると効果が限定的になることがわかりました。

それは一人で仕事はできないからです。

クライアントや社内の協力そして協力会社、役割分担がきちんとできて
それぞれの工程が同期しなければ自分だけスピードアップしても意味がないのです。

TOCの基本ですね。
中間在庫をためずにプロジェクトのスループットをあげるには工程の同期が必要。
そして工程内で一番スピードの遅い工程のスピードアップが重要。

TOCのイロハのイです。
これまでは自分がボトルネックにならないようにスピードアップしてきました。
しかしこれからは自分のスピードアップよりもプロジェクト全体のスピードアップ。

ムリをするのではなく同期化によって待ち時間を減らす。
ボトルネックの工程を見つけ負担を減らす。
プロジェクト全体の流れがとどまらないよう全体設計する。

こういうところに力点を置きたいと思います。

自分が変われば課題も変わり、それに応じてさらに自分を変えていく。
その繰り返しを楽しみながら愚直に続けたいと思います。

この記事もおすすめ
クライアントに行動してもらうことが仕事
【価格と納期】制約条件があるから仕様が固まる
マーケティングは「誰」に「何を伝えるか」