状況に合わせ対応するための整理整頓 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年2月18日木曜日

状況に合わせ対応するための整理整頓

おはようございます。
昨日は出張していました。長野はやっぱり寒いですね。ぐっすり眠って疲れもとれたので今日も1日頑張れます。やるべきことをテキパキこなす。やっぱりそれが一番。

状況に合わせ常に最適化するための整理整頓


いつも仕事をきれいに片づけておくとミスやウッカリもなくなります。物の整理整頓。そして、データの整理整頓。やりかけの仕事の削減。この3つを徹底するだけでずいぶん効率が良くなります。たったそれだけのことですが、環境は常に変化するのでマメに取り組まないとグチャグチャの状態に戻りがち。ムリをするとしわ寄せは机の回りの乱れに現れます。ここ最近机の上に物を出したまま仕事を終わることもあったので軌道修正が必要です。というのもタスク漏れでヒヤリとする場面があったのです。基本をおろそかにしムリをすると良くないですね。長年、製造業にかかわってきて実感していることがあります。それはきれいな工場は儲かっていることです。本当に不思議なのですがそうなのです。それでも目が肥えたシビアな人から見ると小さな乱れが見えるのだそうです。そして、きれいな工場でも状況によって乱れが大きくなったり小さくなったり、常に変化しているのです。常に変化する状況に合わせ仕事環境も常に最適化を続ける。やっぱりそういうことが大切かなと感じました。ということで今日も1日頑張ります。

この記事もおすすめ