時間のかかる仕事から手を付ける | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年2月5日金曜日

時間のかかる仕事から手を付ける

おはようございます。
あっという間に2月の第一週が終わります。少し忙しくなりそうです。

こういう時こそ準備と段取り。
最速で仕事ができるよう実践の中でスキルアップしたいと思います。

そして時間を作り自分への投資を怠らない。
そのためにも時間を作らなければなりません。

時間のかかる仕事から手を付ける


トヨタの段取りをもう一度読んでみたくなりました。
分かるために読むのではなく、できるようになるために読む本です。

読むレベルやその時の状況に応じ刺さる部分が変わるのです。
今回は3回目の読み直しです。

時間のかかる仕事から手を付ける
手待ちの時間を減らす方法としては、「時間のかかる仕事から取りかかる」という手もあります。人は楽をしたい生き物ですから、経費精算や書類整理など、簡単で時間のかからない仕事から初めて、本来やらなければならない、重要で時間のかかる仕事をあとまわしにする傾向があります。(トヨタの段取りより一部抜粋)

自分のことを言われているような一文です。タスクの数を減らすことに気を取られ、優先順位の判断が甘くなっていたように思います。頭のさえている午前中に重要で時間のかかる仕事を優先するよう今日から変えようと思います。

まずはひとつのことを徹底して守る。
習慣になるまで続ける。

そして最短で仕事を済ませクライアントを待たせない。やみくもに急がず段取りでスピードを上げる。今の2倍のスピードを目指し続けたいと思います。

やっぱり【分かっている】じゃなくて【できているか】が大切。
常に謙虚に振り返りたいと思います。

この記事もおすすめ
異業種から学ぶ姿勢を忘れない
トヨタの段取り2回目の読み直しを始めました