オリジナリティーへの呪縛は成長の妨げ | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年3月10日木曜日

オリジナリティーへの呪縛は成長の妨げ

おはようございます。
真似することを卑下する風潮。一段下に見る空気。それらが成長を妨げているのかもしれません。真似ること≒学ぶこと。昔はこういうことをよく言ったものです。その反対に猿真似という言葉もあります。しかし真似ることがすべて猿真似ではないのです。


オリジナリティーへの呪縛は成長の妨げ

守が一番難しい?

芸事の道では守破離という言葉もよくつかわれます。芸事の道を進んだことはないので想像ですが、お師匠のいうとおり真似し自分流にアレンジしないことは相当難しいのではないかと思っています。話を聞いても現場を見てもどうしても過去の体験や自分の信条などを通して自分流の解釈をしてしまいがち。100%真似するということは本当にレベルの高いことだと思います。完全コピーを目指してみる。出来ないからこそ目指してみる。そうすることで自分はできているという勘違いに気づけるのだと思います。

オリジナリティーはいらないかも?

オリジナリティーを持つことのみが道ではない。コンサルティングにオリジナリティーはいらないのかも。それではクライアントが再現することが困難になってしまいます。そして自社にノウハウはいつまでも溜まりません。人を真似ること。いいことを取り入れること。素直な気持ちで真摯に取り組むこと。そしてできるまで基本を繰り返すこと。そういう人を尊敬したいと思います。そして自分もいい学び≒真似ることを身につけたいと思います。

この記事もおすすめ
マーケティングの仕事で心がけている大切なこと
仕事は体で覚える
使い古されたノウハウは何度でも使うべし