「顧客の今」を見つめる | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年3月17日木曜日

「顧客の今」を見つめる

おはようございます。
久しぶりに新規開拓営業のシナリオ作りをすることになりました。電話やダイレクトメールを使ったアウトバウンドです。特定の業界で長期取引を前提としたシナリオ。無茶なアプローチをして市場を荒らすことのないような細心の配慮。


過去の経験を脇に置き「顧客の今」を見つめる


そのうえでニーズを浮き彫りにし、見込み客にメリットのあるオファーを用意する。そして、PDCAが自然と回りシナリオの精度が高まる仕組みを忘れない。その手法を横展開して成長を加速する。構想は膨らみます。スタートはターゲットを決めることからです。初心に帰り市場と顧客を見つめ直す。知ってるつもり、分かったつもりが大敵。過去の経験をいったん脇に置くことが重要。そしてデータを素直に読み込み、顧客の今を推測し仮説を立てます。そして小さなテストを行い反応を見て調整を行い、精度を上げながら規模を拡大していく。こういう機会を得たことを感謝したいと思います。そして変わっていこうと思います。

この記事もおすすめ
真剣にお客を選ばないのはBtoB営業の堕落
生産財メーカーの営業戦略も時代とともに変わる
テキストで仕事を回す