サイトリニューアル1年後の報告を忘れない | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年4月13日水曜日

サイトリニューアル1年後の報告を忘れない

おはようございます。
あるクライアントのサイトリニューアルをして1年たちました。
市場変化に合わせて少しづつ業務を改善し、製品ラインナップを増やし、
時代に合わなくなったサービスを取りやめた結果のリニューアルでした。

不満があってのリニューアルでなく、
成果があがっているなかでのリニューアル。


サイトリニューアル1年後の報告を忘れない


会社が成長しWebサイトが合わなくなる。
理想のリニューアルです。

活かせる資産はできるだけ再活用したうえで
情報設計から見直し足りないコンテンツを書き起こす。

基本に忠実に奇をてらうことなく企画しました。
少人数で多くの引き合いに対応できるよう、
目的の明確な濃い引き合いに絞り込む。
そんなリクエストに応えるために知恵を絞りました。

目の肥えた生産財のプロが製品や技術を吟味できるよう
できるだけ製品情報を詳しく、そして品質管理やサポート体制を掲載し
必要な情報を漏れのないよう掲載し、具体的な引き合いが出しやすいよう
配慮したゴール設定を行いました。

その結果は概ね狙い通り。(カッコ内は前年同期比)

セッション:60,000件(103.54%)
平均セッション時間:00:02:26(103.08%)
直帰率:42.04%(102.68%)
CV率:0.84%(119.72%)

そしてCVは507件(123.96%)でした。
1年間で98件の引き合いが増えたのです。

見積もり依頼や購入問い合わせ、技術相談が毎月コンスタントに獲得でき、
受注率も約30%から約50%にまでアップしています。

制作コストを削減するのも一つの貢献。
しかし、成果を上げる貢献を忘れてはなりません。

だからリニューアル前のアクセス解析による課題発見、
そしてリニューアル1年後のアクセス解析による検証報告は欠かせません。
それがサイトリニューアルを任せていただく際の最低限の仕事。

引き合いを安定して生み出す設備としてのWebサイト。
生産設備への投資と同じような感覚で真剣に取り組む。

それが内製化でも外注でも構いません。
そんな企業が増えるようこれからも精進します。

この記事もおすすめ
成果につながるリニューアルの考え方
マーケティングの根治療法は設計から始まる
社内に眠る優良コンテンツ