ショッピング広告とディスプレイ広告の認定資格の期限が切れていた | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年4月28日木曜日

ショッピング広告とディスプレイ広告の認定資格の期限が切れていた

おはようございます。
アドワーズの資格更新を忘れていました。
ショッピング広告とディスプレイ広告の更新時期が過ぎていたのです。


ショッピング広告とディスプレイ広告の認定資格の期限が切れていた


「今日は何を書こうかな?」

1年前の記事を振り返っていたら
アドワーズ認定試験すべて合格しようと思って
ショッピング広告とディスプレイ広告の試験を受けていたのです。

そうです。
1年ごとの更新時期が過ぎていたのです!!

認定資格が揃ってなくてもいい仕事なので助かりました。
しかし、スケジュール管理や段取りからみると大問題です。

アドワーズの試験を仕事と捉えず曖昧にしていたのです。
これを機にアドワーズ試験もタスクとして管理することにします。

1年に1回の更新だとどうしても忘れがち。
こういう時は記憶に頼ったらしくじりますね。

試験や資格はコンサルティングに必要ありませんが、
それでも定期的に最新情報を再確認できるので
継続して試験を受けています。

ちなみに6つの試験の更新時期は以下の通り

  • AdWords 基礎:2016年8月4日
  • 検索広告:2016年8月3日
  • ディスプレイ広告:期限切れ
  • 動画広告:2016年8月16日
  • ショッピング広告:期限切れ
  • モバイル広告:2016年8月7日
  • アナリティクス認定:2016年8月25日

試験が重なるとそれなりに時間を取られるので
平準化を進めていこうと思います。

試験を受け忘れ期限切れになった機会に
タイミングをずらしたいと思います。

ちょっとした段取りの悪さがキャパオーバーにつながるので、
気がついたときに改善しないといけないですね。

最速の仕事を目指したいと思います。
そのためには段取りが本当に大切。
もっと基本を大切にし倍の仕事を無理なくこなしたいと思います。

この記事もおすすめ
スケジューリングでヒヤリ・ハットを起こさない
作業スピードを上げてもタスクの大渋滞は解消しない
曖昧なスケジュールは仕事の価値を下げる行為