曖昧なスケジュールは仕事の価値を下げる行為 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年4月5日火曜日

曖昧なスケジュールは仕事の価値を下げる行為

おはようございます。
プロジェクトを円滑に進めるにはスケジューリングが大切。
そんなことを改めて感じています。

たまにスケジュールを書き出さずに進めることがありました。
ざっくり口頭で伝えて済ませていたのです。




「簡単なプロジェクトだからいいかな」
「前回のプロジェクトもうまくいったから大丈夫かな」
「スケジューリングする時間すら惜しい」

面倒くさいことを避けていただけかもしれません。
ルーチンにすればどんどんスピードは上がるし、
慣れてくれば面倒なことなどないはず。

経験も環境も考えも違うメンバーでプロジェクトを進めていくには
やはりスケジューリングは必要です。

お互い気持ちよく仕事を進めるために
書面やデータでスケジュールを共有し確実に約束を守る。
そういう基本を徹底しようと思います。

かっちりスケジューリングされた仕事には緊張感が伴います。
反対に期日が曖昧だとそこに甘さやゆるみが生じがち。
楽な方に流されると仕事の質は下がります。
そしてだらだらとスケジュールもずれ込みます。

ぬるい環境から良い結果は出ないのだと思います。
納期のない仕事は仕事じゃない。

必要な仕事には納期があり、だからスケジュールがあるのです。
曖昧なスケジュールは仕事の価値を下げる行為。

これを機に仕事を振り返りスケジューリングの
漏れや抜けをゼロにし共有を徹底します。

この記事もおすすめ
忙しい時こそPDCAを忘れない
スケジューリングでヒヤリ・ハットを起こさない
いつも忙しいって何か変?