調子が良いうちに健全な危機感を持つ | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年4月7日木曜日

調子が良いうちに健全な危機感を持つ

おはようございます。
このところデータ処理と分析の仕事が続いています。
といってもクライアントから依頼されたのではありません。

コンバージョンの伸びが落ち着いてきたので、
一区切りつけるため検証をしているのです。

勢いが落ちたら初動が大切。
このタイミングで徹底的に分析してリスクを避けたいのです。


調子が良いうちに健全な危機感を持つ


調子が良いと改革は面倒に感じられがち。
このタイミングで健全な危機感を持っていただくことが
パートナーとしてのコンサルティングの役目だと思っています。
(ただし不安をあおって現場を混乱させるのは嫌いです。)

体と同じで症状が出てからの治療は大変なのです。
症状が出る前に生活習慣を変えることが大切。
でも自覚がなければいつも通りの生活を続けがち。

マーケティングでも
小さな違和感をそのままにしないのが、
最も負担の少ない賢い方法。
それは地味で評価されにくいことでもあります。

でも気がついたら知恵を絞って分かりやすく説明する。
そして問題点をご理解いただき次に生かす。

ほんの少し先読みして準備しておく。
そしてベストのタイミングでクライアントに伝える。
そして間違いが見つかったら素直に認め軌道修正する。

そうすることで失敗も成功も財産となり、
次に生かせるノウハウになるのだと思います。

やはり「買い手よし」「売り手よし」そして「世間よし」ですね。
そのシンプルで奥深い理想に少しでも近づきたいと思います。

この記事もおすすめ
真剣にお客を選ばないのはBtoB営業の堕落
生産財メーカーを専門とする持ち味を生かす
生産財メーカーの営業戦略も時代とともに変わる