一番怖いのは失敗すらできないこと | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年4月8日金曜日

一番怖いのは失敗すらできないこと

おはようございます。
昨日の夜は異業種の方からためになる話がたくさん聞けました。ヒントをもらったら熱の冷めないうちに少しだけ取り掛かる。そして間を開けずに行動に移す。そうしないとあっという間に風化しせっかくのヒントを生かせません。コンサルティング内容の見える化を行わなければ。



こういう時このブログは便利です。難しいこと、先延ばしにしそうなことを宣言してやらざる負えない状況にすればいいのです。「いつまでに」とはまだいえませんが、それでも宣言してみる。暗中模索でも宣言してみる。すると少しづつ明かりが指してくると思うんです。考えつく打ち手はすべて試してみる。そして忙しくても検証しヒントを見つける。できるまで動き続ける。課題が見つかっても・・・・どうしたらいいかわからない。そういうときもあるかもしれません。でも「どうしたらいいか?」と考えてもしょうがないのです。まず何でもいいからやってみる。ヒントが見つかりそうな本をすべて読んでみる。それでも分からなければ聞いてみる。行動することでヒントが見つかり次の打ち手が見えてくるのです。失敗は貴重な手掛かり。一番怖いのは失敗すらできないこと。課題が見つかったら一つでいいから何か試してみる。そしてそれをヒントにひとつづつ試していく。できるまで試していく。こういう習慣が大切だと思います。

この記事もおすすめ