アポイントのムダは2倍以上のロスになる | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年5月2日月曜日

アポイントのムダは2倍以上のロスになる

おはようございます。
いつの間にか暑くなりました。もう春というより初夏に近い感覚。季節と同じように日々変わっていこうと思います。5月のスケジュールはほぼ一杯になり、新しいことをするには工夫が必要。リフレッシュしつつ新しいことも構想しようと思います。

アポイントのムダは2倍以上のロスになる



そのためには時間を作ることが大切。まだまだ工夫の余地があると思っています。今意識していることは・・・スケジュールを簡単に入れないということ。慎重にスケジュールを組み常に余裕を残しておく。意識しないと甘くなりがちなことです。以前はアポイントが多く入っていると安心でした。キツキツのスケジュールのせいでオーバーフローが続き、抜けや漏れも出て手戻りが多く発生していました。そして、休みを削って何とかすることが常態化していたのです。その割に生産性が低かったのです。このままでは時間がいくらあっても足りない。そう思い日々の行動記録を取るようになりました。そのおかげで面談しなければならない要件かどうか?シビアに検討するようになりました。以前に比べると簡単にアポイントを入れないようになりました。でもいまだに判断の甘い時が混ざるのです。アポイントは自分だけでなくクライアントの時間も奪うもの。それ以上の価値を生まなければマイナスになってしまいます。アポイントのムダは最低2人分のロスになるのです。ましてや複数の人が参加するミーティングはいうまでもありません。コンサルティングで人を招集するからにはそれだけの価値を生む義務があると思うのです。

そのためには・・・
自分の生産性を日々高めること。業務すべてを見直していくこと。これでいいと安易に考えないこと。他人の時間も大切に思うこと。そうありたいと思います。

この記事もおすすめ
曖昧なスケジュールは仕事の価値を下げる行為
訪問時間が短いほど良い営業
テキストで仕事を回す