家づくりと共通点の多いサイト作り | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年5月30日月曜日

家づくりと共通点の多いサイト作り

おはようございます。
雨が降っています。昨日の暑さがウソのよう。昨日は昨日、今日は今日。昨日は好きな釣りをしてリフレッシュ。そして、今日からWebサイトの校正が始まります。


家づくりと共通点の多いサイト作り


すべてを見直すサイトリニューアル。ここまでようやくたどり着けました。後は校正を残すのみ。スケジュール通り順調に進んでいます。ここらでホッとしたいところですが、まだボーとしていられません。もう次の仕込みが始まっているのです。サイト公開はゴールでなくスタート。ここからフォローが始まるのです。サイト公開がクライアントのゴールにならないよう走り続けるための仕込みです。なぜサイトリニューアルすることになったのか?意識しているライバルはどこか?リニューアル前の状況はどうだったのか?

目的と目標、モニタリングする競合企業、そして、サイト公開前のアクセス状況を共有する。現在、過去、未来の縦の比較。そしてライバルとの横の比較。今一度原点に戻りクライアントと共有するのです。そして、次に何をすべきかを考える。そして決めたことを100%やりきる。見てもらうために作ったWebサイト。だから集客を忘れてはいけません。作って終わりではなく、見てもらうための努力もする。そんな基本を忘れずに実行する。そのための仕込みです。

家を建てた後の生活が本番であるように。大切な家には設計図があるように。大切なWebサイトには設計書が不可欠で公開後の運用が本番なのです。だから設計書なしにサイトリニューアルするのは図面もなく家を建ててしまうようなものだと思っています。ちょっとしたWeb改修も設計書があればチェックは安心、ミスも減ります。サイト作りも家づくりから学ぶことが多いように思います。

この記事もおすすめ
マーケティングの根治療法は設計から始まる
成果につながるリニューアルの考え方
サイトリニューアル1年後の報告を忘れない