小さく素早く始める | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年6月24日金曜日

小さく素早く始める

おはようございます。
昨日は新しいプロジェクトの構想を練っていました。当初はオリジナルのWebシステムを検討されていましたが、過度なコスト負担を強いるので方向転換をお勧めすることにしました。


小さく素早く始める


今回のプロジェクトでは既存のパッケージシステムを使用したほうがオリジナルなものを開発するよりもいいと判断したのです。収益予測が正確にできない状況なので大きな投資はリスキーだと判断したのです。さらにマンパワーにも余裕はない状況。だから、小さく素早く始める。そして収益が上がるようになったらオリジナルのものを開発する。こだわりは美点であり時に足かせ。今回のWebシステムは既存のものを使い、中身で勝負することに決めました。

中身はクライアントの商品。システムはあくまでも道具。余った開発費は他のことに使えばいいのです。必要なければ使わなくていいのです。まずは儲けていただく。そして大きく儲けられる目途がついたとき開発費を使えばいいのです。それにしても探せば情報はあるものです。徹底的に調べたら次は自分が試してみる。そして腑に落ちたらクライアントにお伝えする。今回は自分で試す時間がありません。クライアントと一緒に取り組んでものにしたいと考えています。

この記事もおすすめ
専門外だから断るのか? 専門外だけどチャレンジするのか?
クライアントからのオファーに第3者の視点を加え提案する
クライアントに行動してもらうことが仕事