リスクの少ない選択はリスクかも | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年6月28日火曜日

リスクの少ない選択はリスクかも

おはようございます。
ゴールから逆算して行動計画をたてる。完璧にこなすのは簡単ではありません。クライアントの目標を達成するために複数の行動計画を並行して管理しなければなりません。問題なく進んでいれば数が多くても何とかなります。しかし、現実にはそんなことは稀。


リスクの少ない選択はリスクかも


そもそもコンサルティングを依頼される案件に簡単なものは少ないのです。そして一人でできることは何もありません。成果はクライアントの行動にかかっているのです。だから行動してもらうために自分ができることはすべて行う。そして予想外のことが起こることを前提にじっくり考えるだけでなく、臨機応変に対応する。目の前の問題に掛かりきりではじり貧です。だから時間を作り新しいことにもチャレンジしなければなりません。失敗してもリカバリーができる余裕を作る。そして新しいことにもチャレンジする。楽をするとどこかでツケがまわるのです。もっとアクセルを踏もうと思います。経験のないことに挑戦しようとおもいます。経験したことなら予想ができます。そして失敗の可能性も低くて済みます。でもリスクの少ない賢い選択をしているつもりが、実は最も大きなリスクを選んでいるのかもしれません。だから悩んだら難しいほうを選択したいと思います(これがなかなか難しいのですが・・・)。

でもリスクを取るのは自分にかかわること。クライアントのことではできません。選択肢を示すことはあっても最終的に判断するのはクライアント。QCDのバランスを取りながら、最速の仕事をする。そして検証を忘れず改善を積み重ねる。過去の自分の失敗を参考にクライアントにはなるべく手堅い方法を実践していただく。そのうえで余裕を作り難しいことにチャレンジしていただく。こういう段取りを組んでいこうと思います。

この記事もおすすめ
失敗を手掛かりにチャレンジを重ねる
クライアントに行動してもらうことが仕事
専門外だから断るのか? 専門外だけどチャレンジするのか?