「現場」「現物」「現実」 を知らずにマーケティングはできない | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年6月29日水曜日

「現場」「現物」「現実」 を知らずにマーケティングはできない

おはようございます。
今日は楽しみにしていたミーティングです。
初めてお会いする人も多く、気づきがいただけそう。


「現場」「現物」「現実」  を知らずにマーケティングはできません


役に立つ情報をお届けする準備はできています。
企画したイベントの検証を行い次に生かしていく。

クライアントの良さを引き出す工夫。
まずはクライアントを良く知ること。
現場の第一線で活躍する人が何を考えどう行動しているのか?

その中から本人も気づいていない良さを引き出す。
そしてユーザーに伝えていく。

「現場」「現物」「現実」

それを知らずにマーケティングはできません。
頭の中で考えたプランより、
現場を体感した人のプランのほうが響くもの。

現場を見せていただけることに感謝です。
多忙な第一線の営業マンの時間を頂くのです。

それ以上の成果をお返ししようと思います。
現場を見たうえでクライアントの良さを理解して
イベント、Webサイト、広告に活かしていく。

響くコンテンツを提案しようと思います。

この記事もおすすめ
情報のアップデートより、体験のアップデート
現場力で差がつくWebマーケティング
生産現場は最高のショールーム