清潔に保たれたWebサイトには人が集まる | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年6月30日木曜日

清潔に保たれたWebサイトには人が集まる

おはようございます。
Webサイトを見てもらうということは大切。多くの人に見てもらっている緊張感、張り合い、そして集まったアクセスデータが改善点を教えてくれます。気がつかなかった問題点と向き合うきっかけになるのです。


清潔に保たれた場所には人が集まる

他人の意見はユーザーに近い

アクセス解析するときは安易にデータを解釈しない。貴重な意見を頂くときは最後まで口を挟まない。Webサイトの不具合を指摘されても「なぜそうなったのか?」経緯を説明するのは建設的ではありません。まずは耳を傾ける。他人の意見はユーザーに近い。事情をよく知るのは中の人。事情を知ることが改善の妨げになってはいけないのです。立場も経験もスキルも関係ありません。もしユーザーに不便をかけているなら、できることから変えていく。

サイト運営は掃除に似ている

掃除と似ているのかもしれません。Webサイトもきれいにしておく必要があるのです。サイト公開時のきれいな状態を維持する。放っておくといつの間にか塵や埃が溜まり、居心地が悪くなるようにWebサイトも定期的にきれいにしてあげる必要があるのです。清潔に保たれた場所には人が集まります。Webサイトも同じなのではないでしょうか?古くなった情報をいつまでもそのままにしない。価値ある情報を多くの情報に埋没させない。リンク切れや間違いをなくす。Webサイトをきれいに保ち、気持ちよく情報収集していただく。きれいな工場は儲かる工場。製造業が大切にしている5Sと一緒ですね。まだまだ理想には遠いのですが凡事徹底していこうと思います。

この記事もおすすめ
100以上の製造業のWebサイトを診断して感じたこと
成果につながるリニューアルの考え方
本業強化につながるコンテンツマーケティング