2年後に良いお付き合いをするための種まき | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年7月28日木曜日

2年後に良いお付き合いをするための種まき

おはようございます。
昨日は市場調査の相談を受けました。事業戦略を市場性を客観的に見て判断したいという相談です。



2年後に良いお付き合いをするための種まき



経験にデータを加え判断する

経験だけでなくデータも合わせ判断する。とても大切なことです。どちらか一方でなく両方あったほうがいいのです。時間内にできるだけの情報を集め提供しようと思います。仮説が2つあるのでデータを提示するだけでよい案件です。どちらがより良い選択か判断するのが目的なのです。まだWebマーケティングの段階ではありません。大元になる市場の方向性を見極めることが先決。使い古された手ではありますが、やはり3C分析をしようと思います。そして公開情報を活用しようと思います。

コンサルティングは無形のサービス

この手間暇に価値がなければ次にお声がかかることはないでしょう。コンサルティングは無形のサービス。形ある商品を売るよりも工夫が必要。うまく意思決定に役立つことができたら、新しい事業展開が始まるでしょう。そしてマーケティングもそれに合わせ変化する。そしてWebも新しい戦略に最適化していく。そこまで来てようやく本業のWebマーケティングでお付き合いできる可能性が出てくるのです。コツコツ昨日も種をまきました。気の長くなる最初のステップです。2年後にいい形でお付き合いができるよう今から計画的に動いていきます。

この記事もおすすめ
弱者の自分が意識する差別化の3ポイント
Webサイトだけ見ても答えは出ない
6年の成果がブランドキーワードでのアクセスに現れる