行動につながってこそ、マーケティングリサーチ | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年7月8日金曜日

行動につながってこそ、マーケティングリサーチ

おはようございます。
マーケティングリサーチってあまり好きではありませんでした。それは報告することがゴールになっている現場が多かったからです。いまも状況はそう変わりません。評論家のように論じて終わりという現場はあります。だからこそ行動するために働きかけるのがコンサルだと思うのです。




正しくマーケティングリサーチを生かせば行動につながる。そう信じて様々なデータを蓄積しています。そして大切なのは必要な人に必要なタイミングで必要な情報を提供すること。目的は行動。そして結果を分析し次につなげる。多くの人の協力でできた情報だから大切に使う。行動を促すために一役買う。シンプルであっても思った以上に時間がかかっている。むしろ多くの情報から本当に大切な情報を選び出し、そぎ落としシンプルに見せているのです。提出した資料を喜んでいただく。それだけでは失敗。具体的な行動につながり初めて資料は活かされる。そういう視点でもう一度資料の使い方を見つめ直そうと思います。いつもは自分で作った資料を使うことが多いのですが、今日は他人の作った資料を使います。資料を活かしきる責任があります。やっぱり三方良しが大切。作り手良し、クライアント良し、そして自分良し。しっかり内容をお伝えしようと思います。

この記事もおすすめ
アウトプットはレポートではなく行動
気づいたら行動しているプロになりたい
クライアントに行動してもらうことが仕事