Webサイト公開はゴールでなくスタート | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年7月7日木曜日

Webサイト公開はゴールでなくスタート

おはようございます。
先月、新規クライアントのWebサイトリニューアルオープンしました。

でも、これからが本番。
Webサイト公開はゴールでなくスタート。

きれいなサイトになったで終わりじゃもったいない。
あくまでも大切なのはパフォーマンス。


Webサイト公開はゴールでなくスタート


顧客や市場の変化に合わせ、自社を変え、Webサイトを変えていく。
そしてサイトアクセスを分析して次の手を考える。

この習慣を身につけていただくことも仕事の一つです。
サイトを作って終わりではないのです。

Webサイトは見てもらうためのもの。
「誰に」「何を」使えたいのか?

常に変化する市場に合わせ微調整を続けていくのです。
Web集客とサイト運営を最適化していき、アクセス解析で検証を忘れない。

サイトパフォーマンスはユーザーと自社サイトだけで決まりません。
ライバルサイトとの相対評価で決まるもの。
だから競合サイトをモニタリングしていく。

顧客、自社、競合の現状把握を行い
柔軟に戦略を見直していく。

それに合わせてWebサイトも柔軟に対応していく。
3年後にクライアントが喜べるよう今から段取って行こうと思います。

Webサイト公開はゴールでなくスタート。
その意識の差が先々埋めがたい大きな差となりあらわれます。

この記事もおすすめ
サイトリニューアル1年後の報告を忘れない
清潔に保たれたWebサイトには人が集まる
止まってしまうと忘れられてしまう