お盆前にどれだけ身を軽くしておけるか? | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年8月9日火曜日

お盆前にどれだけ身を軽くしておけるか?

おはようございます。
昨日のミーティングが無事に終わりクライアントとのミーティングも提出物の約束もお盆明けまでありません。ホッとしたいところですが、ここで前倒ししておかないと後でしわ寄せがくる。経験的にわかっていることです。


お盆前にどれだけ身を軽くしておけるか?


できることを前倒しで進めておく

忙しくしているときに2~3日ぽっかり空いたスケジュール。ここをどう使うかがとても大切。できることを前倒しで進めておく。緊張感を切らさずペースを守ろうと思います。この3日間の段取りと頑張りが9月中の仕事に大きな影響を与えそうです。お盆前にどれだけ身を軽くしておけるか?タスクを減らしておけるか?そして次の準備ができているか?確認しておこうと思います。

例年通りではなくチャレンジを加えていく

秋からマーケティングの仕事は加速するのです。生産財業界では有力な展示会が集中します。それに合わせ様々な打ち手を準備する時期。Webサイトも連動していくことが多いのです。この時期に下半期の動きを決め準備を終わらせておく。例年通りではなくそこに新しいチャレンジを加えていく。そのために前倒しでタスクを片付け身軽になる必要があるのです。ゆっくりしている暇はありません。

この記事もおすすめ
余裕がなくなる前に手を打つ
古い習慣、仕事を捨てる
やると決めたら腰を据えてじっくり取り組む