PDCA本当に知っている?できている? | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年9月26日月曜日

PDCA本当に知っている?できている?

おはようございます。
休みは情報処理の勉強をしていました。これがなかなか面白く自分に合っているのかもしれません。この道のプロになるための勉強ではありませんが基本を身につけプログラミングのことを少しでも理解したいと思っています。


PDCA本当に知っている?できている?



思い付きは使えない

すぐに身につくようなものではないので気長に継続していきます。直接仕事に役立つかどうかもわかりませんが、Webエンジニアとのコミュニケーションに役立てばいいと思っています。しかし、あくまでも自分の専門はマーケティング。こちらは実践の中で精進を続けなくてはなりません。クライアントの大切な予算。安易なアイデアで無駄にすることはできません。データを集め吟味し大切に使う必要があります。思ったような成果が出なくても、その結果を分析し次に生かさなくてはなりません。

宣伝は市場とのキャッチボール

情報発信することで市場から反応が返ってくる。宣伝は市場とのキャッチボール。相手の胸めがけボールを投げる。そして相手からのボールをしっかり受け止める。もっと相手が受け取りやすいようにスピードやコントロールに気をつけまた投げる。よく観察し、考えながら調整する。その繰り返しです。大切なことは丁寧に相手にめがけて取りやすいボールを投げること。ターゲットとメッセージが大切です。

身につくまで繰り返す

真剣に繰り返すことで実力が上がるのです。一度や二度のキャッチボールでマスターしたとは言えません。何度も真剣に繰り返すことで身につくのです。PDCAもその典型。仕事の基本中の基本ですが、PDCAが身についている人はごくわずか。それは本当に価値の高いこと。「知っていること」と「できていること」には大きな隔たりがあります。PDCAから基本を徹底し直したいと思います。

この記事もおすすめ
マーケティングの4Pを本当に知っているか?
清潔に保たれたWebサイトには人が集まる
形だけのPDCA? いい時だけのPDCA?