見えないところで手を抜かない | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年10月18日火曜日

見えないところで手を抜かない

おはようございます。
今日は寒さで目が覚めました。季節の移り変わりはあっという間ですね。今年も残り2か月半。時間を大切にしていこうと思います。目の前の仕事に取り組むだけでなく、将来のための投資にも時間を使う。すぐに成果にならなくても並行して継続する。


目に見えないところで手を抜かない


毎日の仕事の中で意識していることです。気をつけないと目に見えないものは後回しにされがち。だからこそすぐに成果が出ないことを大切に続けています。それだけで簡単に差別化できるからです。短期勝負ばかりでは疲弊します。長期的な戦略を立て地道に取り組みを続ける。目に見えないもの。すぐに形にならないもの。そういった仕事も大切にする。Webサイト制作も同じ。クライアントから評価されやすい意匠設計だけでなく地味だけど本当に大切な構造設計にも手を抜かない。サイト公開後の更新のしやすさや、新規コンテンツにも柔軟に対応できる設計、アクセス解析しやすい環境の整備も考慮する。そして、自社サイトだけでなくライバルサイトも継続的にモニタリングしていく。目につきやすいところでの差別化も必要だけど、目に見えないところで手を抜くのは間違い。やっぱり総合力が大切。目につきやすい価格やクライアントからのリクエストばかり気にせず、目につきにくい部分にも配慮した仕事をする。そのうえできちんと納期を守る。忙しくてもそういったところで手を抜かない。まだまだですが、少しづつ理想に近づけようと思います。

この記事もおすすめ
Webサイトで地味だけど大切なこと
地味で負担の大きな業務は差別化に便利
検証の第一歩は地味だけど不可欠な環境整備