メーラーを起動させないでする仕事は快調 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年10月6日木曜日

メーラーを起動させないでする仕事は快調

おはようございます。
昨日からメールを確認する回数を3回に制限するように変えました。
メーラーを開きっぱなしにして仕事をしていたのを止め、
決まった時間にのみメーラーを立ち上げることにしたのです。

思いのほか仕事がはかどることに気がつきました。
これまではメールが来るたびにすぐ返信していたので
本当に仕事が細切れになっていたのです。


メーラーを起動させないで仕事をしたら快調でした


日中のメールなら最長3時間以内に返信できるので
相手の時間を奪うことはそんなにないでしょう。
しばらくこのまま続けてみようと思います。

1日3回シビアにメールをチェックし
不要なものは配信不要の手続きをとる、
すぐ見る必要のないメールはフィルター機能を使ってアーカイブする。
常時接続しているとすぐ判断して削除するだけだったのですが、
きちんと先々のことも考えメールを整理し直すことにしました。

まったくこれまでメールの整理に力を入れてなかったので
管理がいいかげんだったのです。
そのせいで結構な時間を無駄にしていました。

メールの内容を分類し傾向を把握することで
効率化のヒントが見つかることに気がつきました。
今月は徹底的に受け取るメールを見直そうと思います。

少し忙しくなったことが見直しの機会につながりました。
これまでいただいたメールへの返信も
滞るようなこともなくすぐ処理できていたので
「よくできてる」と勘違いしていました。

メールを頂いたらすぐ返信。
それだけを守っていることに満足していたのです。
時間を取ってチェックすると気になるところがたくさんありました。

本当にラッキーです。
細切れ時間を大きくまとめ重要な課題のために
考える時間が作れそうです。

情報の整理整頓は
本業のWebマーケティングのトレーニングにもなります。
作業の効率化と本業のトレーニング、一石二鳥になりそうです。

この記事もおすすめ
やるべきことをやるべきところでやるべきタイミングで行う
仕事の「当たり前」を少し見直してみる
時間が足りないのはバランスが取れてないから?