たった2か月で効果云々言うようではだめですね | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年11月15日火曜日

たった2か月で効果云々言うようではだめですね

おはようございます。
昨日も少しだけ予定より多くの仕事を済ますことができました。もう少し先回りして早く通常の仕事量に戻そうと思います。仕事を効率的に回すのに情報処理の勉強も役に立っています。ジャンルは違っても大切な部分は共通するんだなあと感じています。


たった2か月で効果云々言うようではだめですね



情報処理の基本に触れることで、サイト構造の最適化や情報設計、文章の構造化、問題の構造化が以前よりスムーズに進むように感じています。そのおかげで手戻りも減っているような気がするのです。まあ気のせいかもしれませんが(苦笑)。でも一度決めたことなので一年間はじっくり学んで自分のものにしたいと思います。何といってもまだ取り組み始めて2か月しか経っていません。まだまだ成果を気にする時期ではありませんでした。情報処理の基礎知識をWebマーケティングに生かす。その目的で腰を据えて1年間学ぶ。それだけです。すぐに成果が出ることに飛びつくよりじっくり実力をつけ本業強化につなげていく。いい加減にならないようにここに書いておこうと思います。分からなかったことや
出来なかったことが解決する。それが勉強のモチベーションの源泉。だけどすぐに効果がでることしかやらないのは好きでありません。じっくり腰を据えて取り組む。すぐに効果を求めない。自己投資は継続して行う。たった2か月で効果云々言うようではだめですね。決めたことをやり抜いてから1年後に振り返ろうと思います。

この記事もおすすめ
学ぶ意味や効果がイメージできれば面白い
急ぐ気持ちが理解を浅くする
プロの力を引き出すために知識を身につける