忙しい時こそつきあいを大切にする | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年11月10日木曜日

忙しい時こそつきあいを大切にする

おはようございます。
年内は緊急のご依頼以外お受けできない。そうなるかもしれません。なるべくそうならないよう段取っていますが、予定外の依頼が来るとギリギリの状況です。なので緊急の依頼でないものは納期の相談をさせていただく。本当に厳しくなる前が大事なのです。


忙しい時こそつきあいを大切にする


コンサルティングの領域が広がり新しいことにチャレンジする案件が増えているのです。QCDのコントロールが難しいのです。蓋を開けたら意外と簡単だったということもあれば思った以上に大変だったということもあり得るのです。すごくチャンスだと思います。もっと効率的に快適に仕事を進めるヒントが見つかりそうです。忙しい時は普段表れない問題が表面化しやすいからです。表面化しづらい問題を見つけカイゼンする絶好の機会。だから忙しくても慌てずじっくり一つずつ完成させていく。悠々として急ぐ。そうありたいと思います。忙しくても人とのつながりを大切にする。というよりも忙しい時こそ大切にする。そういった基本を大切にしたいと思います。そしてしっかり休み、しっかり遊び、しっかり学ぶ。忙しさに流されないようにしたいのです。忙しさに気持ちが負けると気が散り益々忙しく感じる。だから集中して今やるべきことをやりきる。完了をしたことをきちんと確認して次に行く。手戻りだけはさけたいのです。多忙なクライアントの負担を減らし、自分の時間も確保する。そのために段取りは不可欠。気を引き締めて頑張ろうと思います。

この記事もおすすめ
長時間労働で帳尻を合わすと後戻りできなくなる
作業スピードを上げても「忙しい!」は解決しない
忙しい時こそPDCAを忘れない