自分の癖を理解し仕事を進める | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年11月14日月曜日

自分の癖を理解し仕事を進める

おはようございます。
今週も1週間がはじまります。時間内で納得のいく仕事を行う。ターゲットとするQCDを明確にしてタスクに取り掛かる。そんなことを意識しようと思います。


自分の癖を理解し仕事を進める


品質だけでなく納期とコストも、納期だけでなく品質もコストも、そして、コストだけでなく納期も品質も・・・バランスよく釣り合いの取れた仕事をする。すごく平凡ですが意識したいと思います。状況によっても個人差によってもQCDのバランスは常に変化するもの。品質偏重にならないように、納期偏重にならないように、コスト偏重にならないように。自分の癖、クライアントの癖を良く理解して仕事を進めようと思います。普段より余裕がなくなったときが大切。その前に余裕をキープすることがもっと大切。そしてもっと大切なのは普段の積み重ね。これまでに多くのクライアントから学んだことです。ものづくりに携わる企業と付き合うなかで5S活動、カイゼン、QCサークル、PDCA、TOC、様々なノウハウに触れ教えていただきました。でも、知識として知っていてもシビアな条件の中で身につけないと使いこなすことはできないのです。だから普段の仕事のなかで実践し少しでも身につけたいと考えています。同時に本業のWebマーケティングも日々の積み重ねでノウハウを蓄積しプロとして貢献したいと考えています。今年も残りわずか。時間を大切にそして有効に使いたいと思います。

この記事もおすすめ
身に染みるほど繰り返し自分のものにする
仕事は増える前に減らす
ものづくり企業の得意の手法がWebサイト運営の肝