忙しい時こそ小さいことを丁寧に | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年11月18日金曜日

忙しい時こそ小さいことを丁寧に

おはようございます。
今週もあっという間に金曜日。本当に日が経つのがはやく感じられます。納期に追われているからか?年を取ったからなのか?よくわかりません。ひとつづつ丁寧に仕事していくようにしたいと思います。もう来年の仕事が多くなってきました。


忙しい時こそ小さいことを丁寧に


まずは年内納期の仕事をしっかり行う。時間を作り早めに次に取りかかる。ほんの少し余裕ができたらやるべきことに気がつき、またギリギリの状況へ逆戻り。でも、クライアントの役に立つことなのでやりきろうと思います。やっぱり余裕を持つということは大切ですね。そのおかげでやるべきことに気がつけました。そしてものすごく小さなことですが、もう一つやるべきことを済ませました。それはWebサイトに埋め込まれたYouTube動画。気になったことがあったのですぐに改善していただきました。動画再生後に表示される関連動画を出なくしたのです。せっかく動画を見ていただいたユーザーを他の動画に奪われるリスクをなくしたかったのです。ライバル企業のYouTube動画が紹介されることだってあるのです。方法はとても簡単なんです。YouTube動画の埋め込みコードを生成するときに「動画が終わったら関連動画を表示する」のチェックを外すだけ。そして埋め込みコードを新しいものに差し替えます。やるべき時にやるべきことをおこなう。実践するのは大変ですが理想に近づけるよう工夫します。戦略立案から小さな改善作業までプラスになることは面倒がらず、すぐ実行。忙しい時こそ、小さいことも丁寧に行いたいと思います。

この記事もおすすめ
検証の第一歩は地味だけど不可欠な環境整備
コンテンツ作りは地味で負担の大きな業務だからいい
積んでは崩すマーケティングを繰り返さない平凡な習慣