口頭で済ませない | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年11月29日火曜日

口頭で済ませない

おはようございます。
今年の振り返りには早いのですが・・・アクセスデータをサイトリニューアルに活かす。そしてクライアントと解析結果を共有する。そういった基本を徹底していこうと思います。


仮説やデータ解析の説明を口頭で済ませない




リニューアルの根拠や改善案の妥当性などアクセスデータを使った説明を徹底しようと思います。口頭の説明で済ませたり、信頼に胡坐をかいて任せてもらったり、楽をしてしまうことが多かったのです。もっと丁寧にデータの裏付けを説明する。なぜコンテンツを強化するのか?なぜWebページを削除・統合するのか?それぞれのアイデアのもとになった根拠をアクセスデータを使って説明し書面に残そうと思います。そして、きちんと仮説が正しかったかどうか?初めから検証をスケジュールに組み込み共有しておく。そういったことをもっとシステマチックに行おうと思います。これまでもサイトリニューアルにはアクセス解析の結果を利用していました。そしてリニューアル後の1年たったら報告もしていました。しかし、丁寧さが足りないと感じたのです。1年後の報告は事前に共有してなかったし、根拠となるデータも口頭で説明することが多かったのです。質問されたら回答する。というわけではありませんが・・・結果としてそうなっていたかもしれません。それが説明の抜けや漏れの原因になっていました。そういう姿勢が解析自体も甘くする。だから変えようと思います。サイト設計の根拠となる数字を明確にする。過去のデータが根拠になったものはすべて書面に残しておく。データを分析しサイトリニューアルに活かすことを頭の中で済ませず、きちんとアウトプットしようと思います。そしてノウハウ共有に活かそうと思います。短いスパンでは負担が増えますが、長期的に見ればメリットのほうが大きいはず。すぐに完璧にできることではありませんが、思いついたらすぐ行動。時間を作り変えていこうと思います。実践すればサービス向上・ノウハウ共有も進みます。ちょっとしたことを手を抜かずに習慣にしていきます。

この記事もおすすめ
身に染みるほど繰り返し自分のものにする
思い立ったら吉日。 すぐ行動、そして継続。
当たり前のことをバカみたいにちゃんとする