”何かいい提案もって来てよ” はオ・コ・ト・ワ・リ | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年11月9日水曜日

”何かいい提案もって来てよ” はオ・コ・ト・ワ・リ

おはようございます。
大きなプロジェクトが複数進行中で少しだけタイトになりそうです。こういう時こそ段取が大切。慎重にそして丁寧に今日も段取を組もうと思います。1年後、今の2倍の生産性を目指しもっと快適にそしてクライアントに貢献できるよう頑張るいい機会。


「何かいい提案もって来てよ」はオ・コ・ト・ワ・リ(^^)




安請け合いしない、保留しない

こういう時でも自己投資と新規開拓は止めず、時間の使い方を工夫しようと思います。新規開拓をすると提案を求められます。でも全てのリクエストに応えるわけには行きません。安請け合いしないこと。返事を保留しないこと。お断りしたらそれっきりにすること。お互いの時間を無駄にしないため意識しています。冷たいと思われがちですが、その場の空気だけ繕ってもしょうがないのです。

報酬に応えることが最優先

プロとして頂いた時間と報酬に応えることが最優先されます。だから無料相談も一度限り。契約してからでないと次はありません。「何かいい提案もって来てよ」たまにリクエストいただきますが お断りしています。真剣に課題に向き合う人のお手伝いがしたいからです。とても大切な時間。だから真剣に課題に取り組みたいのです。コンサルティングはそういうものだと思います。問題意識のない状況でする提案はありません。

一期一会

貴重な時間は問題意識を持ち努力をする人に使いたいのです。”一期一会” 本当に厳しい言葉です。面談は常に一期一会。自分に価値がなければ次はなく、相手に問題意識がなくても次はありません。相手の問題意識を引き出せなかった時点で自分の力不足。だからきっぱりお断りしています。ご縁がなかったのだと思います。でも不思議なもので新しいお付き合いは無くなりません。世の中には非常に多くの会社があるからです。内心ダメだと分かりながら諦めがつかず時間を浪費すること。それは避けたいのです。大切なのは断を下すこと。そう思います。

この記事もおすすめ
無料相談は一度きり
捨てなくてはならないと緊張感が生まれる
コンサルタントは黒子