10年後を目指し行うべきことを用意しておく | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2016年12月16日金曜日

10年後を目指し行うべきことを用意しておく

おはようございます。
「先を見て動く」
常に意識できているか?
こんなことを振り返っています。

年末になってくると毎年来年のことを考えますが、
それだけでは追いつかないのだと思います。

常に考え続けるくらいでないと
1年の計は立たないのではないでしょうか。


10年後を目指し行うべきことを用意しておく


少し目先のことに追われていたように思います。
このままではいづれ日々の忙しさでいっぱいになるでしょう。
その日のことしか見れない状態が慢性化するかもしれません。

できる人は1年後だけでなく、
5年後10年後のことも視野に入れ準備を進めています。
そのうえで目の前のことにも取り組む。

だから時間を重ねるごとに実力がついてくる。
5年後10年後の理想を持って日々の仕事に臨む。

初心に帰りそのうえで10年後の理想に向かって
準備していこうと思います。

現状から考えたら実現不可能なことでも、
5年10年のスパンで準備すれば可能なことになる。

そう考えて自己投資を続けていこうと思います。
コンサルタントの商品開発は自己投資。
コンサルタントの基礎開発も自己投資。

1年後を目指し行うべきこと。
5年後を目指し行うべきこと。
10年後を目指し行うべきこと。

同じではないと思うのです。

ブログを初めて5年が経過し少しマンネリになっていたかもしれません。
始めた当時は明確に5年後10年後を見ていました。
それがいつの間にかぼんやりとしたものになっていました。

この機会を逃さず常に先を見据えて行動したいと思います。

この記事もおすすめ
やり慣れた仕事だけでこれから5年10年食べていけるのか?
毎日の積み重ね
改善の余地が大きい製造業のマーケティング