自分が他人の変化に気づくように 他人も自分の変化を敏感に感じている | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年1月10日火曜日

自分が他人の変化に気づくように 他人も自分の変化を敏感に感じている

おはようございます。
3連休はいい感じで休めました。
今週も気持ちよくスタートが切れそうです。

予定を確認しダンドリを組み行動する。
毎日その繰り返しです。

気をつけないと目の前のことだけになりがち。
だから時々振り返りこれでいいのか確認しています。
でも、それにも慣れてしまいマンネリになっていたのかもしれません。


自分が他人の変化に気づくように 他人も自分の変化を敏感に感じている


4年ぶりに知人に会って気づいたことです。
久しぶりに会って近況を報告しあったのです。

同じ4年間を過ごしていたのか!
そう感じるほど印象が変わっていました。

私よりも一回り以上若いその人は
見違えるほど変わっていたのです。

新しい仕事にチャレンジし続けているのでしょう。
Webマーケティングの最先端の動向に詳しいだけでなく
経営コンサルタントとしてのキャリアを積み重ねているようです。

スピードの違いを感じました。
危機感をもたないと置いていかれる。
成長しないと相手にされなくなる。

本当にいいタイミングに再会することができました。
早すぎず遅すぎない。

危機感と刺激をもらえました。
人と比べることで見えてくるものはあります。

自分では頑張っているつもりでも、
もっと頑張っている人、成長を続ける人はいるもの。
そんな人に会った時は素直に自分の糧にする。

自分が他人の変化に気づくように
他人も自分の変化を敏感に感じているのだと思います。

だから、

「このヒト成長しないなあ」
そんな風に思われないために日々精進が必要。

もう一度会えるよう自分に磨きをかける。
会うたびに新しい刺激を与えられるよう精進する。

日々の行動を見つめ直してみようと思います。

この記事もおすすめ
昨日と同じでは評価が下がる成長市場
大きなリスクを避けるため、小さな変化を起こし続ける
慣れは厳禁。一度きりの真剣勝負。