ビジネスレターからのレスポンスで再確認したこと | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年1月17日火曜日

ビジネスレターからのレスポンスで再確認したこと

おはようございます。
寒い日が続きますね。昨日は半年前に出したビジネスレターから返事がありびっくりしました。取引もない会社の人間からの手紙なのに保存しているなんて。さらに新しい担当者に適切に引き継がれていたのです。それも面識のない人に送ったビジネスレターなのに・・・本当にありがたいことです。締め切りは過ぎていましたが対応することにしました。

ビジネスレターからのレスポンスで再確認したこと

レスポンス10%を超える秘密

新規案件の掘り起こしを目的に行っているビジネスレター。レスポンス10%を超えています。その秘密はターゲティングとメッセージ。きめ細かくニーズを推測しメッセージを組み立てる。そして少しだけ背中を押すオファーを入れる。基本を守ることを徹底しています。これまで多くのクライアントの相談を受けた経験からWebマーケティングの悩みは少しは理解しているつもりです(まだまだ未熟ではありますが・・・)。一番大切なこと。それは、顧客理解を突き詰めること。新規開拓のターゲティングもメッセージもそれが源泉です。多くの現場を見ていたことが役立っています。

ブラックボックスでは発展しない

でも、職人技にはしたくないのです。ブラックボックスにしたくないのです。まだまだ力不足で標準化できていませんが、少しでもノウハウを理論的に再現性のある形にできないか?クライアントに応用できないか?標準化することで貢献できると考えています。理想と現実のギャップが大きすぎ周りに迷惑をかけることもありますが、諦めず試行錯誤を続けようと思います。

標準化のための小さな試み

そのための小さな試みを1つ始めています。そのビジネスレターからのレスポンスが本当に欲しい。新人の書いたビジネスレターです。結果はどうであれ、きちんと検証し次につなげようと思います。

今日も1日頑張っていきましょう。

この記事もおすすめ
ビジネスレターでの新規開拓が効率的な生産財
生産財メーカーだからできるアウトバウンドセールス
新しいことにチャレンジし、精度を高め標準化する