偏狭なプロ意識 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年2月13日月曜日

偏狭なプロ意識

おはようございます。
情報のアップデートって大切。
このところ本当にそう感じます。

昔の常識は非常識。
Webの仕事をしているとすごくそう感じます。

「いつの情報?」

そう感じることが多いんです。
でも、それで終わらせないように気をつけています。


偏狭なプロ意識


同じ言葉で自分を振り返ってみる。

すると見つかるんです。
古いままの情報が・・・

自分が正しいと思っていたら、
時代に取り残されるんだろうな。

そう思います。

だからいろんな人に会って差異を感じる。
そんなことが大切だと思います。

Webだけに限りません。
素人意見がいつの間にか常識になっている。
画期的な技術にはそういことが多くあります。

偏狭なプロ意識。
そんなものいりません。

恐ろしい習慣です。
だから柔軟に、経験だけに頼らない。
そして、決めつけない。

自分の常識を時には疑おうと思います。

この記事もおすすめ
イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき
古い常識を通してみても答えは見つからない
”社内の常識が世間の非常識”に気付く