大切なことは工場に教えてもらった | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年2月2日木曜日

大切なことは工場に教えてもらった

おはようございます。
新規の相談が来るときは重なるもの。アルアルですね。少し忙しくてやばそうだな・・・そう思っていた矢先です。スケジュールの見直しをする前で助かりました。一瞬、なんでこのタイミング?とても失礼なことを考えそうに・・・


大切なことは工場で教えてもらった


どんなタイミングでもありがたいこと。うまく段取ればいいのです。シビアにスケジュールを見直さなければなりません。そうしないとこの状況が続いてしまいそう。目の前の段取りだけでなく抜本的に業務の見直しも考えます。今の仕事の2倍の量になっても回せるように。ゼロから見直してみようと思います。いい機会を得たような気がします。状況を上手く活用しようと思います。コントロールできるもの。できないもの。どちらかよく考え適切に対応する。状況に振り回されイライラしない。焦らない。とても平凡ですが優先順位をつけること。手戻りのないようにしっかり準備すること。そして、安易に仕事を増やさないこと。基本を大切に。時間を大切に。そして、しっかり休むこと。タスクをすべて洗い出し、納期と優先順位の見直しをかけようと思います。そして一人で抱え込まないようにしようと思います。相談できずに大きな迷惑をかけることがないように、早め早めに相談し、必要ならば交渉もしなければなりません。落ち着いてゆったりした気持ちで見直しをかければ大抵のことは上手くいく。リスケをするならなるべく早く。クライアントへ相談し時間の余裕を作ることも大切。QCDの見直しを考えてみる。ムリ・ムダ・ムラを徹底的に排除する。どんなに忙しくても検証の手を抜かない。クライアントに教えてもらった生産財業界の仕事の進め方。こういう時に役立ちます。まだバッファはあるので大丈夫(笑)これもクライアントに教えてもらった言葉ですね。工場で働いたことはないけど、大切なことは工場に教えてもらったのだと思います。

この記事もおすすめ
時間が足りないのはバランスが取れてないから?
仕事のスピードを上げる毎日の5分の習慣
ムリをするのはもっとも安直な方法