忙しい時こそPDCAを回し切る | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年3月29日水曜日

忙しい時こそPDCAを回し切る

おはようございます。
ゴールデンウイークあけの予定も埋まり始めました。少し重めのプロジェクトが走っているので慎重にスケジューリングしなければならない状況です。新しいことに挑戦するクライアントから声をかけていただく。そのために日頃から準備をしているので、張り合いがあります。


忙しい時こそPDCAを回し切る


とはいえ仕事はそれだけではありません。ムダ・ムラ・ムリをなくし、やるべきことを忘れない。こういうときこそ慎重に一歩ずつ取り組む。知恵を絞って時間内に成果を出す。そうありたいとおもいます。クライアントの目標と現状に変化がないか?市場環境は常に変わるもの。だから常に最新の情報にバージョンアップする。そして優先順位の高い課題から取り組む。キャパを見極めて先延ばしにするものペンディングするものも決める必要がありそうです。プロジェクトの振り返りを忘れずチームで情報共有を行う。忙しい時こそPDCAを回し切り、次につなげていく。そして自己投資の時間を確保する。忙しさに流されないように書いておこうと思います。落ち着いてから見直しをしていては間に合いそうにありません。だから今からシビアに段取りを組み直します。

この記事もおすすめ
少し忙しかったので軌道修正
忙しい時こそ小さいことを丁寧に
忙しい時こそつきあいを大切にする