リニューアル直後、そして1年後の検証を忘れない | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年4月25日火曜日

リニューアル直後、そして1年後の検証を忘れない

おはようございます。
リニューアルして1年たったら報告する。自分で決めた大切なルール。いつも通り行います。リニューアル直後の検証。そして1年後に行う検証。


リニューアル直後の検証、そして1年後の検証を忘れない


内容も目的も違いますが、どちらも不可欠。目標に向かってクライアントが進めているかチェックするポイントなのです。Webサイトを誰に見てもらい何を伝えたいのか?そしてどのようになりたいのか?チェックポイントを設け現状を確認する。そして状況に合わせ軌道修正していく。やることはなくなりません。環境は常に変化します。目標を目指し、微調整の連続です。それは最初から分かっていること。本気でWebマーケティングに取り組むなら公開後が大切。公開は出発点。定期的に情報発信し、市場を観察して修正を加えていく。地味な改善の積み重ねです。結局はその積み重ねが物を言う。楽をして効果を出したいかもしれないけど、そんな幻想を抱かずコツコツをWebサイトを更新・改善していく。結局はそれが近道だと思います。一歩ずつ着実に前に進んでいるかチェックするポイントを持つ。当たり前のことを積み重ねていこうと思います。

この記事もおすすめ
変化に気づくための定点観測
データを読み解く2つの視点”分解”と”統合”
手入れの行き届いたサイトは時間が経つほど成長する