Autodraw「今」は微妙だけど、将来性に期待する | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年4月14日金曜日

Autodraw「今」は微妙だけど、将来性に期待する

おはようございます。
昨日はAutodrawで遊びました。
情報発信にちょっとしたイラストが欲しい時、
使えるといいなあと思ったからです。


Autodraw、現状は微妙だけど、将来性に期待するサービス


AutodrawはAIを使ったイラスト作成サービス。
自分の書いた絵をプロが書いたようにきれいにしてくれる
サービスをイメージしたのですが、どちらかというと手書きの
絵を手掛かりに登録しているイラストを呼び出すサービス。

現状では微妙なサービスですが
これから使う人が増えればいいツールになるかもしれません。
https://www.autodraw.com/

スタート時の性能がイマイチでも、
あっという間にレベルアップして常識を変える。
そんなことを期待して見守りたいと思います。

新しいものに出会ったときは「今」の実力だけ見ない。
気をつけていることです。

将来性を想像してみる。
「今」は脅威でなくとも、将来強力なライバルになるかも。
「今」は低品質で安いだけだけど、そのうちキャッチアップするかも。

こういった観点で新規性の高いサービスや物は見る必要があります。
(人だってそうですよね)

「あんなもん使えない」
そう結論付け、大きな変化に取り残されることのないように。

しばらく結論を出さずに見守ってみる。
そういうことも時には必要だと思います。

自分のような絵の下手な人間が
簡単にイメージをイラストにできる!

Autodrawがそんなツールに育つことを期待しています。

この記事もおすすめ
イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき