変化に気づくための定点観測 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年4月3日月曜日

変化に気づくための定点観測

おはようございます。
月初はデータの整理に時間を使います。
基本的には自動収集しているのですが、
一部はダウンロードしておく必要があります。

収集したら整理したうえで考察する。
そのための時間でもあります。


変化に気づくための定点観測


時系列でデータを見て進捗状況をチェックする。
遅れや停滞に対する処置を考え行動計画に加える。

変化に気づくため定点観測しています。

クライアントと状況を共有する。
そして行動に移していただく。
経過を観察し時期が来たら検証する。

原因が内部環境にある時もあれば
市場環境にある時もあります。

どちらにせよ変化に対応していく。
そうでないと定点観測の意味がありません。

月初はデータの整理を行う。
そして優先順位をつけ課題に対処する。

時間は有限だし、やりっぱなしはNGなので
数を限って確実にPDCAをまわす。

アレコレやり過ぎない。
手当たり次第に取り組まない。

そのための貴重な時間をデータ整理に使います。

この記事もおすすめ
面倒がらずにデータを蓄積する
検証の第一歩は地味だけど不可欠な環境整備
生産財業界をモニタリングし続けるわけ