きびきび動く組織は魅力的 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年4月13日木曜日

きびきび動く組織は魅力的

おはようございます。
やったことのないことを始める。
クライアントに挑戦してもらうには周到な用意が必要。

必要性を腹落ちするまで何度でも伝える。
データを提示し、市場環境を理解し、
行動しないときのリスクを共有する。


きびきび動く組織は魅力的


それが自分の仕事だけど、
一番大切なことはクライアントのやる気。

マーケティングの大切さを理解して、
本気に取り組んでいれば、
一度伝えれば、すぐに行動に移るもの。

この差が大きいんです。
スピードが全く違う。

一つの挑戦で目標達成することなどないから、
次々にカイゼン・挑戦を続ける。

良いと感じたらすぐ実践するから、
何度も必要性を訴えかけなくていいんです。
判断がはやい。

良いと思ったら即実行。
そして継続できる組織は強い。

最初はゆっくりPDCAを回せばいいけど、
段々とスピードアップさせないと環境変化に追いつかない。

後追いのカイゼンは良くて原状回復。

だから即実践する習慣が大切。
後まわしはタスクの渋滞につながる。

「本当に効果あるの?」
「忙しいのに・・・原稿書くの?」
「予算申請めんどくさいなあ」

そんな時間がもったいない。

やる気のあるクライアントなら

「こんなアイデアがあるんだけど」
「原稿書いたんでチェックしてみて」
「上司説得するデータを集めてくれない」

いわなくてもどんどん先に進んでいきます。
一事が万事だと思うんです。

Webだけでなく、営業でも、事務でも、技術でも
どんどん先に進んでいく。

だから差が広がる。
世間はそんなことを見ている。
きびきび動く組織は魅力的。

躊躇する間があったら即実践。
忘れずにいようと思います。

この記事もおすすめ
Web集客を初めて8年でマーケティング部ができました
やると決めたら腰を据えてじっくり取り組む
「何かいい提案もって来てよ」はオ・コ・ト・ワ・リ