アイデアよりも大切なのはそれを形にする行動 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年4月18日火曜日

アイデアよりも大切なのはそれを形にする行動

おはようございます。
昨年から取り組んでいる調査レポートが2年目を迎えます。
継続することで価値の増すコンセプトの資料。

だから1年目より、2年目、そして3年目に価値を増すと信じています。
そして毎年見直しをかけブラッシュアップを続けていく。


アイデアよりも大切なのはそれを形にする行動


最初は地味な活動が続きますが、今は基礎を固めている段階です。
調査レポートを提出しユーザーの反応を観察し
次の資料作りにフィードバックしていく。

これも大切な仕事の一つ。
調査レポートに興味を持ったユーザーがどんなニーズを持っていたのか?
何に興味を持っているのか?
丁寧に紐解き企画にフィードバックする。

構想では3年目以降に効果がピークを迎えます。
今年はそうなるように丁寧に仕込みを行う時期。

仮説と現実のズレを調整し、クライアントから直接意見をうかがう。
そしてフィードバックを行う。

作業に追われないよう、考えながら改善を続ける。
資料作りも長期スパンでPDCAを回す。

作ってみてユーザーの反応を探り、
カイゼンしたらフィードバックしてみる。
その繰り返しでブラッシュアップしていきます。

たった一つの資料ですが、3年越しの計画で動いています。
小さな種が大きく育つように。

こうした積み重ねのひとつずつが差別化に役立つ。
ひとつずつは小さいかもしれませんが、
数が集まれば大きな力になる。

アイデアよりも大切なのはそれを形にする行動。
地道に作業を繰り返し、考えながら改善すること。

1年たって課題も見えてきましたし、
そこから派生したアイデアも形にしなくてはなりません。

多くの人がかかわって一つの資料を作り上げていく。
それがとても面白く充実した2年目になりそうです。

1年を振り返り改めてそう感じています。

この記事もおすすめ
情報収集の分厚さが差別化につながる
変化に気づくための定点観測
ビジネスレターからのレスポンスで再確認したこと