役に立ちそうなことならWebでなくてもいい | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年4月21日金曜日

役に立ちそうなことならWebでなくてもいい

おはようございます。
昨日は新幹線の中で読んだ「感じる旅、考える旅。トランヴェール」で、
クライアントの製品がメインに据えられた広告を見つけました。

広告を引き立てる存在感。
とてもうれしく思いました。

クライアントのお客様が製品を担いでいたのです。
自社商品をアピールするキーパーツとして使っていたのです。


役に立ちそうなことならWebでなくてもいい


地道な営業活動が効いている。
そう感じました。

もしかしたらクライアントも知らないかも。
報告してみようと思います。

行きは雑誌を手に取る余裕もなかったけど、
かえりはホッとして何気なく雑誌を手にしたんです。

こんなところでクライアントの製品を見れるなんて!
興味を持っていれば情報は向こうからやってくるのかもしれません。

せっかくなのでその広告を出していた
企業とその業界についても調べておこうと思います。

その企業とのコラボレーション企画を考えても面白いかもしれません。
また、他のパートナーを増やせないか考えてもいいかもしれません。

役に立ちそうなことならWebでなくてもいいんです。
とにかく興味を持つ、気になったら深堀する。
現地に出かけてみる。
気になったところがあったら立ち寄ってみる。

境界線を作って興味の幅を狭めない。
専門分野以外にも興味を持つ。

昨日はそういうことの大切さを感じた1日でした。
移動中、スマホやPCを見て仕事をするのもいいけど
外の景色や車内の様子を楽しむゆとりも必要ですね。

この記事もおすすめ
顧客の要望を解きほぐすのがコンサルティング
ショールーム見学は楽しい
中の人が見落としがちなことを第三者の視点で拾い上げる