5年前と比べてみる | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年5月9日火曜日

5年前と比べてみる

おはようございます。
昨日はうれしい連絡をいただきました。
お世話になっている人が自社株を買い戻したのです。

念願がかなったのです。
これで自分のしたい経営ができるはず。

課題も多いでしょうが、今まで以上にやりがいがあるはず。
Webがらみのことは全力でサポートしようと思います。


5年前と比べてみる


そして、新規企業からのレスポンスもありました。
連休という区切りで気分を一新する人も増えるのかもしれません。

休み明けでめんどくさいと感じるのも、
気分一新してやる気を起こすのも本人次第。
気持ち良く仕事をしている人を見習って自分も頑張ろうと思います。

今週は準備に使える時間が限られます。
こういう時こそ集中して密度の濃い仕事をしたいと思います。

そして先を見据え黙々と種をまく。
スキルアップも新商品開発も新規開拓も同じこと。

忙しいからといって手を止めていてはよくて現状維持。
目の前の仕事にプラスして新しいことに取り組む。
成果を気にせず決めたことをやり抜く。

Webサイトの運営も同じです。

日々の更新で手いっぱいではよくて現状維持。
その合間を縫って新しいコンテンツ、そして新商品を投入する。
必要に応じてイベントやキャンペーンを企画する。

そして、定期的に振り返り検証し次につなげる。
1年だと変化を感じないかもしれません。
でも、2年、3年、そして5年も経てばその差は大きなものとなる。

5年前と比べてみる。

もし当時と同じ仕事の進め方だったら・・・
当時と同じWebサイトだったとしたら・・・

5年後はそうならないように今から手を打つべきだと思います。
焦ってもしょうがない。
こういうときこそ”悠々として急げ”ですね。

この記事もおすすめ
手入れの行き届いたサイトは時間が経つほど成長する
やり慣れた仕事だけでこれから5年10年食べていけるのか?
数年かけて変わっていく