自然消滅を水際で食い止める | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年5月23日火曜日

自然消滅を水際で食い止める

おはようございます。
毎日起きて1年前に書いたブログを読む。するとたまに自然消滅しそうなことを思い出します。その時にきちんと振り返り、もう一度チャレンジするか、中止するかを決めています。やるやらないにかかわらず、そのままにせず再出発です。


自然消滅を水際で食い止める


決めたことはうやむやにしない

他のやりたいことを優先したり、忘れてしまったり、計画に無理があったもの、思いつきで始めてしまったものそれぞれ違いますが、うやむやにしない。自分の言ったことを100%やりきる。まずそれからだと思います。欲張りすぎるので、やり切れないことが溜まります。そのうち自然消滅しそうなことが出てしまうのです。それを水際で食い止めるのにブログが役立ってます。今日もそういう日でした。

忙しいからといってスライドを続けない

予定通り進んでいないことを思い出せました。忙しいからといってスライドを続けていたのです。さらに、新しいことを始めてしまったのです。これでは、「うやむや」「やりっぱなし」です。仕事と家の用事で忙しいのは当たり前。その合間に時間を作ってやりきると決めたこと。もう一度仕切り直しです。ここで止めてしまうのは勿体ないこと。間は空きましたが、優先的に予定に入れてやりきります。

計画を絶対視するのは危険

とはいえ計画を絶対視するのは危険。だから時には勇気をもって中止する。状況に応じ柔軟に、そしていい加減にしない。まだまだできていません。すべての挑戦でPDCAを回し切る。仕事だけでなく日常こそいい加減なことをしない。プライベートな目標を軽視しがちだったように思います。

この記事もおすすめ
わかっているだけだと、自然消滅しがち
理由をつけて自然消滅を正当化しない
コンバージョンというよりも重大なエラー