回していると思っても、空回りが多いもの | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年6月20日火曜日

回していると思っても、空回りが多いもの

おはようございます。
7月から大きなプロジェクトが複数始まります。少し忙しくなるかもしれません。Webマーケティングは継続するプロジェクトがほとんどだから本当に効率よく動かなければ、すぐにキャパオーバーしてしまいます。


回していると思っても、空回りが多いもの


どのプロジェクトもPDCAを回しノウハウを共有していくと途切れることがありません。だから効率を上げていかないとあっという間にパンクするのです。忙しくても常に余裕は残しておく。そして、その時間で自己投資を続け商品力を上げていく。

ずっと同じことを書いています。意識しないと長時間労働でその場を切り抜ける楽な方向に流されるからです。以前は仕事が溜まったら休日を使って調整していました。でもそうしたことをしているとシビアに段取りを見直すことがなくなり、「休みにやればいいや」と安易な方法に逃げがちでした。そして時間がないので抜本的な解決策が打てない悪循環が始まりがち。

気が緩んで効率もさらに落ちてくる。さらにコンサルティングに必要な勉強(研究・開発)が疎かになり競争力も落ちてくる。だから、そうならないように何度も何度も書いて自分を戒めています。

短時間で仕事を片付けることができれば、ストレスもなく計画的にスキルアップもでき次々と増えるプロジェクトも楽しみながらノウハウを溜めていくことができます。その結果また新しいプロジェクトが始まっていく好循環です。まさにその好循環に入っています。

そのきっかけは誰でも知っているPDCA。小さなPDCAが確実に回せれば次第に好循環に入っていく。回していると思っても実際は空回りが多いもの。すべてが成功するわけではありませんが、それでもキッチリ取り組んでいれば次第に好循環に入っていくものです。

上手くいっている人や会社をよく観察するとそういったところに違いがあるような気がしています。今更ながらですが、PDCAを本当にまわせているのか?セルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

でも、自分の姿はなかなか客観的に見えないもの。セルフチェックに不安があるなら信頼のできるパートナーに見てもらうのもいいかもしれません。

この記事もおすすめ
忙しくなると基本が乱れがち
小さな変化に違和感を感じるのは一瞬
原因は自分にあり