顔を洗うようにブログを書きたい訳 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年7月18日火曜日

顔を洗うようにブログを書きたい訳

おはようございます。
1年前のブログを読み返して気になったところを加筆・修正する。それだけでも振り返りに役立ちます。時間は5分くらいのものですがいい習慣になっています。毎朝、思いつくままに書いているだけなので、1年も経つと直したいところが出てくるのです。


顔を洗うようにブログを書きたい訳


準備運動であり、トレーニング

そして、今日のような休み明けの朝のブログは休みモードから仕事モードに切り替える良いきっかけになってます。1週間の予定やタスクを思い出し、ざっとシミュレーションしてみる。それからブログを書くことが多いように思います。アクセスアップや問い合わせなどの直接的な効果のためのブログではありません。それもありがたいですが、基本は準備運動であり、トレーニング。毎日、仕事に向かう前の準備運動であり、地力を蓄えるためのトレーニングでもあるのです。

積んでは崩すことのないように取り組む

これだけでプロとしてやっていけるわけではありません。しかし、丁寧に準備運動をし、トレーニングすること、そして毎日を振り返ることは大切な習慣です。こういった土台の上にさらにスキルアップを行うことが効果的だと感じています。HTML5、CSS、JavaScriptの基礎勉強も今月中には終わりそうです。次は行動を促すためのレポートに磨きをかけたいので、色彩やデザインの基礎を丁寧に学んでみようと思います。やりたいことは山積みですが、焦らずにひとつずつ取り組もうと思います。急いでもしょうがないのだと思います。丁寧に身につくまで何度でも繰り返す。積んでは崩すことのないように取り組むことが大切なんだと思います。

目的は変わらない

こうしたことを続けている理由はひとつです。それは、Webマーケティングで貢献したいから。技術は優れているけどマーケティングや営業が苦手な生産財メーカーに役立つコンサルティングがしたいから。そのために常にブラッシュアップ続けるのは当たり前。顔を洗うようにブログを書きたいのもそのためです。

この記事もおすすめ
気づいたら行動しているプロになりたい
ブログを書くのは準備運動のようなもの
すぐには変われないから、 時間をかけて変えていく